合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2015/09/09

感性が伸びる童謡ワークショップ ~うみ~

こどもにお絵かきを教える時、どんなことからはじめますか?
童謡をコンセプトにした絵本「うみ」は、ひたすら【波線】を描く練習をします。

手首を前後に動かしながら左右の動きも同時に行う【波線】は意外に難しいものです。
最初は点線をなぞりながら…次に色を考えて…最後は自分の思う「波」を描きます。

月に照らされた海はどんな風に染まるんだろう。
船はどこまでいくんだろう。
シンプルな童謡のなかにある壮大なストーリーは、それだけで五感に刺激をもたらします。

IMG_20150722_154206

参加してくれた保護者の方からは

・字を書く練習にもなりますね!
・簡単ですぐ飽きると思ったのに、すごい集中するんですね!
・波を書くのが難しいって知りませんでした。
・波だけじゃなくていろいろ書いてて楽しい。

IMG_20150807_104820という感想をいただいています。
ピカソプロジェクトは、「こどもはみんな芸術家」をモットーに、こどもたちに創造の喜びを伝えています。
こどもがのびのびと表現できるよう導く「言葉のかけ方」
自由に描くための「環境造り」
楽しくなる「題材選び」
色彩理論を中心とした「アイデアの出し方」
を盛り込み、新しい体験をすることでこどもの世界が広がる様子をお楽しみいただけます。

この本はご購入いただき、ご自宅でお楽しみいただくこともできます。(シリーズ5冊セット)

イベント、ワークショップとして誘致したい、ご当地で実施したいという方はお問い合わせフォームに「ワークショップ うみ」とご記入ください

[contact-form-7 404 "Not Found"]