合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/04/22

こどものために何かしたい!その気持ちを「センスを育てる」ことに使ってみませんか?

「私、センス無いから」っていう方、結構多いんですよ。そして「私がセンスがないから、うちの子もセンス無いんです」っておっしゃる方も!
でもね、センスって育てられるものなんですよ。

きっと、たくさんの方が「センス良くなりたいな?」って思っていらっしゃるはず。

ファッションセンスとか、お料理のセンスとか、笑いのセンスとか、運動神経だってセンスですし、英語のセンスがあるね!なんてことも言われたりしますよね。
私個人的には、整理整頓&お掃除のセンスが欲しいです。切実に…

でもね、最初にお話したとおり、センスって育てられるものなんです。

例えば、学生の頃はそんなにおしゃれじゃなかった彼女。久々に合ったら、ファッションセンスが良くなってた!
例えば、最初の頃は数名の前で話すのも緊張していた彼女。今は、30人の前でも堂々と話せる、話すセンスを身に着けてた!
例えば、最初の頃はレシピとにらめっこしながらしか作れなかったけど、今は目分量で作れちゃうくらいお料理のセンスが上がった!

いろんなセンスがあると思います。
そして、あなた自身も「センスが上がったな」とか「センスが良くなったな」って思った経験って、きっとあると思うんです。そして、その経験って、嬉しかったり満足できたり、自分にとっていい経験だったんじゃないでしょうか?

じゃあ今度は、こどもたちのセンスを伸ばしてあげましょう!

ピカソプロジェクトは、そのための方法やノウハウを持っています。

こどもたちのセンスを伸ばす方法を知りたい方は、
基礎講座「センス」にお越しくださいね。

>>講座のご案内はこちら