合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/05/12

アリオ鳳 平日定期教室

5月11日は アリオ鳳で定期教室が開催されました。

隔月開催のこの教室の目的は、おうちに居てもこどもと二人だけだし…
というママたちに参加していただきたくてスタートした企画です。

ただのショッピングモールではなく、地域の皆様により快適な日常を過ごしていただきたい。というアリオ鳳様の優しい気持ちがあふれる素晴らしい取り組みです。
私達ピカソプロジェクトも精一杯お手伝いさせていただきます。

今回は、エプソン販売様と共同開発をした「フォトメッセージカード造り」を実施。
沢山の親子に参加いただきました。

写真の一部を公開します。

Evernote Camera Roll 20160511 171241

Evernote Camera Roll 20160511 171242 (1)

Evernote Camera Roll 20160511 171242

Evernote Camera Roll 20160511 171240 (2)

Evernote Camera Roll 20160511 171239

Evernote Camera Roll 20160511 171240

そうそう。
ちびっ子が多かったので、ママたちのご相談やお悩みも色々お聞きしたのですが、その中の1つであり、最も多かったのがこちらのような作品です。

Evernote Camera Roll 20160511 171240 (3)

「どうして顔を塗りつぶしちゃうの!!」というご意見。

色々理由はありますが、一番大きいのは

・そういう発達の段階である

ということです。
空白がまだまだたくさんあるのに、他の絵があるところにどんどん重ねて塗ってしまうんです。
これは、ちゃんとお絵かきをしているご家庭の親御さんは絶対に体験していますね。
「ここ(大切な部分の上)に書かないで!」
と言おうものなら、こどもは「絵を書かないで」と言われたと思います。

ただそういう段階なんです。 重ねたいの。 上に塗りたいの!

少し年齢があがるとお化粧をしようとして、目や口を塗りつぶします。

まだ不器用だからうまくできなくて当然なんです。

写真なんて、もう一枚出せば良いし、気に入った作品なんだったら、上書きする前に、すかさず撮影しておくんです。
それくらい便利な世の中なんですから、こどもの表現力がノビノビできるため、そんなことくらいは笑って見守りましょう。
上に塗りたくってくれる時期なんて、本当にあっという間に終わりますよ☆

こどもの発達段階やお絵かきのスキルレベルの上がり方というのは、誰も教えてくれませんよね。
ピカソプロジェクトの先生たちが、こどもをのびのびと伸ばすことができるのは、このスキルを持っているからなんです。
このスキルは、お絵かきをするときだけに使えるのではありません。
お勉強、スポーツ、どんなシーンにも使える、本当に便利なスキルです。

こどもの未来のために何かしたい、とお思いの方は是非ピカソプロジェクトの講座にも遊びにいらしてくださいね☆
詳しくはこちらから