合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/06/06

【トライアドフィッシュ】釣りにはまってしまって色塗りしない子がいたらどうする?

トライアドフィッシュは、色選びはもちろん楽しいんですが、なんといっても盛り上がるのは、「釣りタイム」なんです!
釣りが楽しくて、ずっと釣りをしていたい!という子が出てくるのは、毎回のこと。
ぬり絵をしてほしい!でも、釣りに夢中で、クレヨンを見せても嫌がります。
そんな時、エデュケーターとしてあなたはどうしますか?
Evernote Camera Roll 20160614 192004
そんな時はね、思いっきり釣りをさせてあげてください!
こどもたちも、釣り堀の中のおさかながなくなったら、
やり切った感というか、満足感というか、納得というか、
そんな気持ちになって、気持ちを入れ替えることが出来ます。
そして、釣った中から、好きなおさかなを1尾えらんで、
他のおさかなは、いったん釣り堀に戻してあげましょう。
そして、いつもの工程に戻ります。
やりたい!という気持ちを折ってしまうと、
どうしても集中出来なくなってしまいます。
色塗りを心から楽しむためにも、思いっきり釣らせてあげてください。
そうそう、釣り堀が空っぽになるまで釣る時は、
教室全員で釣るようにしましょう!
あの子だけ・・・といういやな気持になりませんし、
みんなで釣ると、釣り堀もすぐに空っぽになるので
時間がかかりすぎてしまうのも防げます。
楽しく釣って、楽しく色塗りできる環境を作りましょうね。
このワークは、ピカソプロジェクト定期教室の6月のプログラムです。

>>>このワークをこどもに受けさせたい方は、定期教室にお越しください

>>>このワークができる先生になりたい方はこちら

>>>このワークでイベントを開催したい方はこちら