合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/06/17

【ひやがめ】センスを育てるコツはここを押さえましょう。

ピカソプロジェクトのワーク【ひやがめ】の最初は「触ってみて!」からはじまります。
五感のうちの「触覚」です。
触覚は、人間の中で1番面積の広い感覚です。
肌なら、ほとんどどこでも、触った感覚を感じることができます。
でも、実際に「触って」というと、ほとんどの子たちが手のひらだけに頼ろうとします。
だから、「先生はほっぺにあててみよっと!」とか、「おでこにあててみよう」とか、「首にあててみよう」とか、先生がいろんなところで触っている様子を見せてあげてください。
ピカソプロジェクトの「センス」の公式を思い出してみてください。
基礎講座「センス」で、1番最初に出てきましたよね。
あの公式の『どんな情報をキャッチして』の部分が、ここに関わってきます。
IMG_20141204_135456
手のひらだけでキャッチした情報と、手のひらに加えてほっぺたやおでこや首すじなどからもキャッチした情報と、
どっちの情報が内容より豊かなのかは、すぐにわかりますよね。
ぜひ、いろんなところで触ってみるように導いてくださいね。
>>参加したいこどもたちは、こちらをクリック
>>このワークを教えられる先生になりたい方はこちらをクリック
>>このワークでイベントを開催したい方はこちらからお問い合わせください