合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/06/28

【ひやがめ】冷たいといえばこの色を使わねば!ということはないんです。

ピカソプロジェクトのワーク【ひやがめ】は、触覚を通して冷たいを感じ、それを色で表現するワークです。
「冷たいといえば、青に決まっているじゃない!」というご意見をいただくこともしばしばです。
前回お話したように、確かに模範解答は「青」です。
でも、こどもたちの中には赤や黄色を使う子たちもいます。
それはおかしなことなんでしょうか?
基礎講座『センス』で、大人のセンスとこどものセンスのお話をしました。
それを思い出してください。
こどものセンスは、感じたこと・心が動いたことをそのまま表現するんでしたよね。
もしかしたら、イチゴのかき氷を思い出しているかもしれません。
水鉄砲に使ってある色かも。
プールで見た色とりどりの何かかもしれません。
スイカかな?海で見たワカメの色かも。
IMG_20141204_135514
こどもたちなりに、自分の経験から様々な色を引っ張り出しで、その色を選んでいます。
だから、いろいろな色が出てくるのが、自然なことなんです。
大人が「冷たいといえば青よね」と思うのも、自然なこと。
こどもが、「赤も冷たい色だよ!」というのも、自然なこと。
このワークの目的は、正解を探すことではなく、感じたことを表現してみることです。
そのことを、常に意識して、周りの方々にもきちんとお伝えしてくださいね。
>>参加したいこどもたちは、こちらをクリック
>>このワークを教えられる先生になりたい方はこちらをクリック
>>このワークでイベントを開催したい方はこちらからお問い合わせください