合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/06/30

【ひやがめ】小学生くらいになると、こんな状況に陥る子たちが出てきます。

ピカソプロジェクトのワーク【ひやがめ】は、冷たいを感じてそれを色で表現するワークです。

実はこのワーク、ある年齢になると難しいと感じたり、つまらないと感じたりする子もいます。
何才?は、基礎講座『表現』のテキストにありますので、復習してみてくださいね。

このワークを難しいな、とか、つまらないな、と感じるのは、成長の証なんです。
大人のセンスに近づいてきているということ。

どちらも「模範解答を知っている」ことが原因です。
模範解答を知っているから、それ以外の色が使えなくて悩む。
模範解答を知っているから、簡単だなと思う。
こういうことです。

取り組んでくれないわ!とか、手が動かないわ!とか、焦らなくても大丈夫。
成長してるんだね〜って、どんと構えてください。

じゃあ、こういう子にはどうやって対応したらいいの?
それは、また次回お話しますね。

>>参加したいこどもたちは、こちらをクリック
>>このワークを教えられる先生になりたい方はこちらをクリック
>>このワークでイベントを開催したい方はこちらからお問い合わせください