合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/12/19

2016年12月3日 第二回ピオレピカソプロジェクト クリスマス木製オーナメント造りのご報告

ピオレピカソプロジェクト第二回は、大工さんが集めてくれてた木材を加工するところからスタート!
待ちきれない子もいたけど、先生のお話はしっかり聞いてくれましたよ☆

しっかりやすりをかけたら、下書きをして、体にも安心なペンキ(ターナー色彩・ミルクペイント)で色をぬっていきます。
ちょっとアンティーク調に仕上がって、どの作品もピカイチの自分なりのクリスマスオーナメントになりました。

一番多い子は5個まで造っていいよ!
これは、ピカソプロジェクト流「いっかいのしっぱいでくじけない」お稽古だったりもします。

その課題に懸命になる子、手が追いつかなくて泣く泣く断念する子、5つを使ってパズルを造る子。
こどもたちにまぎれて、せっせとこどもたちのフォローをするお母さんたちの奮闘も頼もしかったです!
木屑だらけ、ペンキだらけになって満足そうな笑顔をみて先生たちも幸せな気持ちになりました。

何人かのお友達が置いて帰ってくれたオーナメントは、事務所のお姉さんの机に飾ってあるそうです(^^)

総量800個近い木材を提供してくれたり、一生懸命切り出してくれた堺市の大工さん、箕面の工務店の職人の皆さん、おかげで捨てるはずだったおうちの残りの木がこんな素敵に変身しましたよ☆
本当にありがとうございました(^^)

【ピオレピカソプロジェクトのページへ】