合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/05/17

【トライアドフィッシュ】配色理論ってなんだ?

ピカソプロジェクトのワーク【トライアドフィッシュ】は、配色理論を体験してもらうことを目的のひとつにしています。

じゃあ、配色理論っていったいなんなのでしょう?

配色理論というのは、過去の画家や科学者、教育者がみつけた「ステキないろの選び方の法則」のこと。

シュブルール、イッテン、ムーン&スペンサー、ジャッドなど、
ここでは紹介しきれないほどたくさんの人物が、それぞれの法則を残しています。

例えば、シュブルールは、フランスのゴブラン織りの工場の責任者だった人物。ゴブラン織りの色の組み合わせから、配色理論を考えつきました。

例えば、イッテンは、バウハウスというとても有名な美術学校の先生。色を研究する中で、独自の法則を生み出しました。

こんな風に、「ステキな色の組み合わせの法則」は、この世の中に数限りなくあるんです。

カラーコーディネートを仕事にしている人たちは、色の組み合わせを考える時に、頭の中で、様々な配色理論を引っ張り出し、その法則で色を選び、また違う法則で色を選び、最終的にベストなものをお客様に提案します。

ピカソプロジェクトでは、このワーク【トライアドフィッシュ】を通じて、「法則をもとに色を選ぶという手もある」ことも、こどもたちに伝えたいなと考えています。
IMG_20150808_133139

 

>>>このワークをこどもに受けさせたい方は、定期教室にお越しください

>>>このワークができる先生になりたい方はこちら

>>>このワークでイベントを開催したい方はこちら