合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/05/18

【トライアドフィッシュ】配色理論をこどもたちに体験してもらう理由

トライアドフィッシュは、色の組み合わせのルールをこどもたちに体験してもらうためのワークショップです。

「好きな色を使わせてあげたらいいじゃない」
「たった3色しか使わせないなんて、窮屈だ」
「自由な表現と、ルールって、矛盾してる」

そんな印象を持つ方もいらっしゃるでしょう。

少し、配色理論から離れて音楽の話をしますね。

幼稚園や保育園でピアニカ習うとき、1番最初に、ドレミファソを練習します。
ドは親指で。レは人差し指で…
ピアニカの鍵盤の押し方のルールを、まずは習得します。

そのルールを習得するから、チューリップの曲が弾けるようになり、そのルールを少し応用したキラキラ星が弾けるようになっていきます。

色も、音楽と同じ。
まずは、基礎的なルールを知ることで、色を使うことがグッと簡単になるんです。

でも、その色のルールを学校で習うのは、実は中学なんですよね。
だから、それまでのこどもたちは、人差し指だけで鍵盤を叩くのと同じように、適当に色を使うしかないんです。

だから、ピカソプロジェクトでは、こどもたちに、あえてルールを教えます。

それが、こどもたちの未来において、表現力のネタになることがわかっているから。

 

エデュケーターの皆さんも、保護者の方から、同じようなご意見をいただくことがあるでしょう。

そんな時は、このエピソードを思い出してくださいね。

DSC_0410

 

>>>このワークをこどもに受けさせたい方は、定期教室にお越しください

>>>このワークができる先生になりたい方はこちら

>>>このワークでイベントを開催したい方はこちら