合同会社エデュセンス

×

ピカソプロジェクト

2016/05/23

【トライアドフィッシュ】こどもに3色しか使わせない理由(小ネタその2)

ピカソプロジェクトのワーク「トライアドフィッシュ」では、ピカソプロジェクトのオリジナルツール『いろパレット』を使って、色を選んでもらい、その色だけで魚を塗っていくんでしたよね。
そのときに、こどもたちは1色は好きな色を選べるわけですが、あとの2色は配色理論でルールに沿って選ぶので「好きないろが選べない」ということになります。
ここで「え〜〜!」って言われることもあるんですが、ひるまずに!
必ずパレットに出てきた色を使うようにしましょう。
こどもにとって、ある年齢まで理解しにくい色があるというお話を講座の中でしましたよね。
→テキストで復習してくださいね!
わかりにくいものは使わない、という人間の自然な習性の通り、
こどもたちはわかりにくい色を避け、わかりやすい色ばかりを使いたがります。
だけど、もしかすると使ってみると避けていた色を少し理解できるようになるかもしれないし、もしかすると今後その色を使えるようになるかもしれません。
だからあえて、このワークのお魚は、決められた色で塗らせてください。
でもね、そればっかりじゃ確かに窮屈。
だから、お魚を貼る台紙は、好きな色で好きなように塗らせてあげましょう。
IMG_0731
今回ご紹介している【トライアドフィッシュ】は、ピカソプロジェクト定期教室6月のプログラムです。

>>>このワークをこどもに受けさせたい方は、定期教室にお越しください

>>>このワークができる先生になりたい方はこちら

>>>このワークでイベントを開催したい方はこちら